空き巣被害に遭わない為に・・・ - 八王子市のガラス修理ブログ

COLORS
0120911424
2015年12月07日 [ガラス修理]

空き巣被害に遭わない為に・・・

今晩はガラス現場の担当の上村です。

本日は年末・年始にも多い・・・空き巣の被害に遭わない為のアドバイスをご紹介致します。

これは私の様々な空き巣の現場修理の経験からのお話ですので、警察など指導とは違う点もあるかも知れませんのでご了承下さい。

空き巣の侵入口はほぼ窓からの侵入になります。経験上、玄関からの侵入被害は経験は有りません。

例外はあります。

それは1回目の被害時に自宅に保管してあった玄関のカギを盗まれていた場合です。家主が気付かない場合もありますので被害にあった場合は最重要チェック物ですね。

ですのでほぼ窓ガラスを破り侵入して来るのが通常です。通常と言うのもおかしいですが・・・・

この様にガラスは割られます。↓
1

マイナスのドライバーでこじるだけですので1秒位で音もピキッだけです。

さぁそれでは空き巣に入られない様にするポイントです。

1:まずはお出かけの時、雨戸が有る場合は出来るだけ使用しましょう。お買い物時は大変なら1泊の時からでも良いです。雨戸は最高の防犯システムです。

2:次はガラスアラームですね。安い物なら1000円程度から販売されています。ポイントは目立つクレセントの付近に外から見える様に必ず貼付けましょう。「音」は空き巣が最も嫌うのです。わざわざアラーム付きのガラスを割る位ならアラームの貼って無い他の家に入ることでしょう。

3:見えない防犯アイテムは信用しない!!  よく使用されていますがサッシレールのロック・窓が開くと鳴るアラーム・などは侵入を防ぐ効果は有りますが、空き巣がガラスを割った後に気付くので侵入はされないですがガラスの被害・未遂になりますので結局ガラスの修理代が掛かります!!

4:玄関のカギをディンプルキーなどの防犯性能の高い物に替えましょう!!
先にお話した通り!玄関からの侵入はほぼ無いのですが何故かと言いますと・・空き巣は玄関のカギのグレードなどを見てその家の防犯意識を計ります。玄関は顔です!!
古いカギのまま使用していますと空き巣は防犯意識の低い家なのだと思います。それなら窓ガラスに防犯アイテムは無いと踏んで裏に回りガラスを破ります。
逆に・・玄関のカギが防犯性能の高いカギの場合は・・空き巣は防犯カメラやセンサーなどに警戒意識が出てきます、あえてリスクを負う事を嫌いますので回避するのです。
カギのグレードはカギ屋並に空き巣が見れば一目瞭然でわかるので厄介なことですね。

他にも細かいポイントが有りますがここで全部のご紹介は長くなりますので、またの機会でご紹介したいと思います。

ガラス修理のご依頼時とカギの緊急交換の依頼時の
過去の現場での経験からのご紹介ですので参考にして頂けると幸いです。

上の写真のガラス修理はこの様にきれいに直りました↓





















1
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る