ガラスの再生というのでしょうか・・・・ - 八王子市のガラス修理ブログ

COLORS
0120911424
2017年10月25日 [ガラス修理]

ガラスの再生というのでしょうか・・・・

こんばんは、現場担当のカミムラです。

この度のご依頼は割れたテーブルトップガラスを加工して使えるようにして欲しいとのご依頼でした。

他のガラス屋さんにはお断りされてしまったとの事で、弊社カラーズにお声がかかりました。

ガラス屋さんにも色々なガラス屋がありますので簡単な作業であってもビジネスライクなガラス屋さんはお受けしない所もあると思います。

しかし、珍しいご依頼なのは確かですので少しお話をお聞きしました。

ガラスは透明な5mm厚のガラスです。
W700xH400ほどの食卓テーブル上に置いていたガラスが割れてしまったが残った部分を使えるようにして欲しいとのご依頼でしたので新しいのを同じお値段で切り出しますが?とお伝え致しました。

しかしお客様はどうしてもこのガラスを使いたいとの事でした。

実はお客様のお母さまが戦前に祖母から頂いたテーブルガラスで、戦時中の疎開先にも抱えて持っていったテーブルガラスなので思い出の品なのだそうです。
1

どうにか使用出来るように加工して欲しいとのご依頼でした。
よく見ますと細かな傷が沢山付いています・・・現在のガラスより少し緑かかってました。

さぁ、それではまずは一人用のテーブルトップサイズが1枚、それと人形などの飾り物が置ける下敷き1枚、更にテーブルにポットなどを置く下敷きの計3点を作成する事にしました。
1

ガラスのカットはいつも以上のプレッシャーが掛かります。

失敗は出来ません!世界にこれ1枚しかないガラス!細かな傷がありカットがずれる場合もある!怖いですね。

これがその3枚です。

ガラスの断面は4回のヤスリがけ段階を踏み、鏡面仕上げに加工しました。(現場でここまで加工するのは弊社だけでしょうね)



3

ご依頼者様とお母さまに大変感謝されまして、恐縮ですがガラス屋としてもとても誇らしく遣り甲斐のある作業でした。

こんなにも大切にされているガラスがある事がガラス屋にはとても嬉しく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る