アルミサッシのレールの修理のご依頼でした。 - 八王子市のガラス修理ブログ

COLORS
0120911424
2016年09月08日 [ガラス修理]

アルミサッシのレールの修理のご依頼でした。

こんにちは、ブログを昼間に書けるとは・・そうです。本日は台風で現場作業はお休みさせて頂いています。

それでは最近の特殊工事のお話です。

たまたまですが、2件連続のご依頼です。先ずは先日修理が完了した現場ですね。

ご依頼は、サッシのレールの破損の修理です。

原因は掃き出し窓の重量が重く・・レール自体が折れてしまうと言う現象ですね。
1
この写真の様にレールの水抜きの穴の真上のレールが折れています。
通常の掃き出し窓より幅が広いペアガラスが入っています、重量はおよそ60kgでしょうか。
レールの破損後にサッシを使用しますと今度は戸車も一緒に破損してしまいますので、お気を付け下さい。

今回の作業では戸車も交換し、レールの補修整形後にステンレスレールを被せるオーバーレール工事です。
先ずはサッシが重いので2人作業になります。
レールをグラインダーなどで形を整形し、金属補修のパテを盛りつけて硬化後にまた整形致します。
3

今度は戸車の交換ですが、簡単ではありません。勿論サッシの種類にもよりますが・・・・今回のサッシはサッシの下部を外さないと戸車は外れません。
更にサッシのゴムは使い捨てのコーキング剤を使用していますので戸車交換後に新しくコーキングを充填しなければなりませんのでDIYは難しいと思います。
1

戸車を交換後にレールに対しての高さを合わせます。
4

ここまで終わればステンレスレールを被せます。
レールが動かない様に接着パテ+テープにて固定後にゴムハンマーで叩きながら水平を取り。レールの修理は完了です。
5

しかし・・・こんな重いサッシなのにアルミレールに水抜き穴開けたら・・やっぱり折れますよ・・・・ね

メーカーさんは耐久テストしてるのでしょうか???
残るレールの修理のご依頼もこんな状態でした。
6

当社カラーズではこの様なご依頼も何度も工事しておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る